【新型コロナワクチン】を接種して来ました~1回目。【covidー19】

りゅうらの雑記

5月も中旬に入り新型コロナワクチン接種も本格化しましたね。高齢者の方々に先立ち、私も医療従事者としてワクチン一回目を接種してきました。

という訳で、コロナワクチン接種一回目の体験談を記しておこうと思います。
※注意:個人的な体験談なので、りゅうらの場合はこうでした、という事でご理解願います。

勤務する透析クリニックの勤務状況的に一度に職員全員が接種できないので、数日に分けて5人程度で決められた会場に向かいました。私の場合は自宅の近所にある総合病院で、自分も患者として子供の頃から受診している病院だったので緊張はやや軽めでした(^▽^;)

問診表、保険証、等々忘れ物が無いかファイリングして会場へ。同僚二人と落ち合って院内に入ると、廊下に線引きされた案内に従って会場へ向かいます。

一般の患者さんはほとんどいない午後の開始時間だったので混雑は無く、直ぐに会場へ向かう事が出来ました。

 

係員の誘導に従い体温を測ったり、提出する用紙を纏めたりして受付をします。

1人ずつ医師による問診を受け、接種ブースへ向かいます。問診の際には、インフルエンザ予防接種で熱発した経験が有る事、アルコールアレルギーがある事と、当日生理だったので一応伝えます。

※画像はイメージです(;・∀・)

接種後の待機時間が15分か30分の2パターンあるのですが私はアルコールアレルギーにより気管支喘息のような状態になる旨を伝えると、

医師より「15分で大丈夫だろうけど念の為、接種後30分待機でお願いします」と言われました。

その後接種ブースにてワクチンを接種。看護師さんに

「利き腕の反対の方で打ちます」と言われたので、

「四十肩の為左腕が上がらないので、右腕でお願いします」と伝えると、

「接種後は殆どの人が肩が痛くなり腕が上がらなくなる事が殆どなので、両腕が上がらなくなるとお仕事も大変だから左の方がオススメかも…」

といわれ、

「あ~そうですか、、、ん-仕事にならないと困りますね・・・どうせ痛くて動かないなら右腕生かすかぁ、じゃあ左に打ちますwww」

と、左腕に接種。接種自体はさくっと全く痛みも無く終了。看護師さんの腕が良かったのかも(笑)

ちなみにどの辺に打つの?

肩のてっぺんから指3本位下がった位置、上腕のかなり上の方(三角筋)で打つので、ノースリーブや袖周りの緩い半袖等、肩が丸出しになる服装で行くのがベターよ。

 

インフルエンザワクチンの場所より結構上だねぇ。

隼センセイ
隼センセイ

インフルエンザワクチンは皮下注射で、今回のコロナワクチンは皮下より深い筋肉への注射なので、打つ場所も違うんだよ。打つ速さもぶっすり行ってあっという間に終わるから、痛みも打った時には殆ど無いね。

 

りゅうら
りゅうら

アルコール綿で清拭されてから数秒だったです。全く何も感じなかったので逆にビックリした(笑)

 

接種後は時間が来るまで待機所で待機し、時間が来たらワクチンのロットシールを貼った台紙を返却してもらって帰宅しました。

接種後15分過ぎから打った所が軽くズキズキと痛み出しました。この時はまだ、この後の大変さを知る由もないわけでw

 

帰宅後、時間が経つごとに肩の痛みが増して来ます。四十肩の痛みとは違うピンポイントの筋肉の痛み。これが噂の接種後痛か・・・!!

と思いつつ、まあこの後は仕事も無いし、安静にして・・・とテレビを見ていたのですが、体がだる重い感じが増していきます。生理中だからか?とも思いましたがそうとも言い切れない疲れのようなおもだるさ。眠いけど寝れない。左腕は痛い。

お風呂に関しては特に制限なかったのですが、軽くシャワーですませ早々に床に就きました。

が。

肩が痛くて!!眠れない!!おまけに喉が痛くなって熱っぽくなって来た!!

りゅうら
りゅうら

えっ、マジで!?熱出る!?ヤバくね!?とめちゃめちゃ焦りました・・・(~_~;)

左肩は疼いて皮膚に布が軽く擦れただけでもビリビリ来るし、風邪の引き始めのような喉のヒリヒリする痛みと、体内の熱っぽさを感じ、熱を測りましたが36.7c。

熱は上がってないけど兎も角温かくして寝ようと、温かいお茶を飲んで布団にくるまってPM9時就寝。途中夜中も肩の痛みで起きましたが、翌朝目覚める頃には喉の痛みは治まり、安堵しました。

翌朝。

腕が!腕がぁぁ!!上がらなーい!!(ノД`)・゜・。

腕をあげようとすると筋肉が固くなったような状態でつっかえた感じになり、肩より30度ほど下の位置からは上にあげる事が出来ません。

四十肩の現状より悪化しとるやんけ(◎_◎;)

石化の魔法を掛けられたらきっとこんな感じなのかもしれない(マテ)

四十肩だけの時は一応肩上40度位には上がってたので、肩と同じ高さどころか肩の高さまでも上がらない、そして痛い(ノД`)・゜・。

さらにだるいのは次の日も続き、たまたま母の通院の為に休みを取っていて本当に良かったと思いました・・・。午後までほぼ寝てたし。

そしてその日も早めに就寝し、次の日漸く体がまともに動けるようになりました。出勤できてよかった・・・(汗)

ちなみに、現時点で接種した職員全員に翌日の肩の痛み、肩関節可動域の制限が有り、私以外に一人夜間に熱感と喉の痛み、倦怠感を感じた人がいました。

が、四十肩のせいもあり左肩が上がらないのは次の日もそんなに変わらず、ワクチン後の痛みから解放されたのはその次の日でした。(今は四十肩の痛みだけになってます)他の職員たちは二日後には痛みも消え、普通に動かせる人の方が多かったです。

ほんと、利き腕に接種しなくてよかったと思います。

ワクチンを接種したら、なるべく無理せず安静にして、可能であれば、できれば大人しく寝てるのが一番です。肩の痛みは2日~3日くらいで治まる事が多いようです。

というのが私の今回のコロナワクチン接種体験記でした。コロナワクチン(ファイザー社製)は3週間後に2回目を接種するのですが、世間では2回目の副反応の方が強いと言われているので正直不安は有りますが、、、、予定通り行って来ます(=゚ω゚)ノ

余談ですが、昨日オカンが高齢者集団接種行って来まして、夜から腕が痛いし上がらん、だるい眠いけど寝れないと言っていました(苦笑)

だから言ったじゃん、だるいわ痛いわえらいわってなるよってwww幸い熱感やのどの痛みとかは無いようなので良かったです。やはり個人差はあるようですね。

2回目後も気力があったら(笑)記事を書く予定です。(^O^)/


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました