【世界の料理とお菓子】青椒土豆丝【中国のピーマンとじゃが芋の細切り炒め】

料理&お菓子

中国語教室のイベントで必ず出てきた料理、土豆丝(トゥードゥースー)。生徒達に大人気のメニューでした。中国ではポピュラーな家庭料理だそうです。

りゅうら
りゅうら

丝(絲)とは中国(料理用)語では細切りの事。青椒肉絲(チンジャオロースー)でお馴染みですね。

大皿に盛って皆でパクパク食べれますし、おつまみとしても喜ばれます。今回はシンプルな土豆丝に、ピーマンを入れて彩りも良い青椒土豆丝(チンジャオトゥードゥースー)を作りました。

調理もほぼ切ってぶち込んで炒めるだけですから簡単です!(笑)

スポンサーリンク



青椒土豆丝(ピーマンとじゃが芋の細切り炒め)

材料

  • ジャガイモ 2個(大体200~300g)
  • ピーマン  2個
  • 唐辛子 2本(辛いのが苦手な方は減らしたり無しでもOK)
  • 塩 小さじ1(大体5g)
  • 砂糖 (小さじ1)
  • 酢  3g (今回は米酢ですが中国の黒酢でもOK)
  • 味の素(鶏がらスープ、中華だしの素でもOKお好みで) 1g
  • 油 大さじ1

作り方

      1. ジャガイモを皮を剥き、細切りにしたらざっと洗い、でんぷんを洗い流したら水を切っておきます。(10分ほど水につけておいてもOKです)
      2. ピーマンとネギを細切りにします。唐辛子は6ミリ幅位の輪切りに切ります。
      3. 中華鍋(ない方はフライパン)を良く熱して油を引き、唐辛子を入れて少し炒め、油に辛味を移します。
      4. 水気を切ったジャガイモの細切りをざっと炒め(3~5秒)水気が飛んだら酢を入れて混ぜ、ピーマン、塩、味の素を入れ炒めます。
      5. ジャガイモがまだシャキシャキしている内に鍋から出します。

完成です!!

ジャガイモのシャキシャキ感を楽しむ料理なので、火を通し過ぎないように注意してください。炒めながら一本食べてみて、シャキッと半生?という所で完成です。

ピーマンの火の通りが心配な方は、先にピーマンを炒めて皿に除け、調味料を入れる前に鍋に戻すと良いですよ。

ジャガイモの細切りの太さもお好みです。老師に聞いた所、家庭料理なので各家庭で太さが違うとか。包丁を使わずに千切りスライサーでお好みの細さにするのもOKです。スライサーで細くする際はジャガイモの火の通り方に注意してくださいね。

りゅうら
りゅうら

香りづけにごま油を火から下ろす直前に入れても良いですよ。

豚肉を入れてみたり、カレー粉で味変したりとアレンジ方法も豊富です。

味の素以外では鶏がらスープの素でも、中華あじでも、ウェイパーとか創味シャンタンなどお好みでどうぞ。個人的には鶏がらスープの素が好きです。

最後に

中国語教室のイベントでこの料理を作る時はいつも30人分と大量で、豪快な老師の調理は唐辛子と酢の猛烈な匂いが部屋中に充満して「目が―!」と大騒ぎでした。でも絶妙なジャガイモの歯ごたえが美味しくて、あっという間に無くなりました。

ピーマンなしでシンプルに土豆丝としても美味しいですよ。ジャガイモさえ有れば作れるので、ちょっと一品足りないという時にもおススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました